社員紹介

システムソリューション事業部 H.Oさん(2009年入社)

苦に思わない姿勢が、“いい仕事”を生む。

入社の経緯・当時の印象を教えて下さい。

中学生の時に「これからはITの時代だ!」って思ったのが最初のきっかけです。なぜそう思ったのか、今となってはわからないですが(笑)。高校で情報処理系の勉強をして、少し物足りなさというか、もっと知りたいっていう想いから、専門学校でさらに専門的な勉強をしました。あの時の直感、ひらめきが間違っていなかったんだなぁって、アイテックに入社してITの世界に飛び込んでみて実感しています。

現在の仕事内容について教えて下さい。

実際に働いてみて、IT業界は新しいこととの出会いばかり。学校で学んだ基礎的な知識をベースに、学生時代にはなかった技術や分野に挑戦し続ける毎日です。入社以来スマートフォン関連の開発を担当していますが、もちろん私が学生の時はスマホなんてなかったわけですから。次々と新しい出来事が起こるのが、IT業界なんですよね。今は道路交通に関連するツールの開発をやっています。道路管理システムのシステムエンジニアです。なかなか経験できない現場で、先端の技術をいかに活用するかが腕の見せどころですね。
この業界で働く上でいちばんの醍醐味、それは自分が開発した製品を街のどこかで見かけた瞬間です。ものすごい達成感ですね。私が開発の一部に携わったスマホが、店頭で売られていたりすると「これ私も関係してるんだよねぇ」と自慢したくなります(笑)。そうやって胸を張って自慢したくなるのって、やっぱり自分の仕事に満足して、やり切ったからこそだと思うんです。仕事をすることで、自分に自信が持てるようになってくるんですよね。
仕事で大切にしているのは、何事も苦に思わないこと。苦しいと思ってしまったら、そこで終わりです。動けなくなっちゃうだろうし、貪欲に何かを吸収しようという気持ちにもなりません。何事も前向きに、楽しむ。その気持ちが俗にいう“いい仕事”につながるんだと思います。

今後の目標について教えて下さい。

生涯現場主義でありたいですね。そして「このプロジェクトだったら、小野寺だな」と名指しで呼ばれるような存在になりたいと思っています。あの技術イコール自分、みたいな。今はまだまだ技術的な面では先輩に敵いませんが、人とのコミュニケーションだけは誰にも負けないように心掛けています。どんどん話す。どんどん聞く。じっと耳を傾ける。なかなか簡単にできることではないですが、その姿勢だけは忘れずに色々な人と接点を持ちたいなと思っています。

就活生へのメッセージをお願いします。

IT業界は「これ今まで誰も作ってないんじゃない?」って思える瞬間がたくさんあります。次から次へと新しい技術が生まれる環境は飽きることを知りません。自分を飽きさせないだけの刺激に溢れています。新しいことを学びたい、吸収したいという気持ちだけを抱いて、ぜひこの世界へ飛び込んできてください。