社員紹介

ソリューションデベロップメント事業部 Y.Kさん(2005年入社)

“一から作る”という醍醐味を味わえるエンジニアリングの世界。

入社の経緯・当時の印象を教えて下さい。

学生時代に工学系の勉強をしていたこともあり、モノづくりやIT業界には興味がありました。企業研究を進めるなかで出会ったアイテックは、幅広い分野を事業展開し、特にネットワークや組み込みの部分では他社と一線を画する印象がありました。

現在の仕事内容について教えて下さい。

現在は主に自社での開発業務を担当しています。金融系のシステム開発・保守です。長年自社で開発している製品なので、ノウハウが蓄積されています。長い間 そのシステムに関わっている社員もすぐ隣りにいますので、わからないところはサっと質問できるのが自社開発のメリット。過去のノウハウと最新の技術をいかに融合しながら、お客さまのニーズに答えるか。そこに日々楽しみながら頭を悩ませています。
自社開発に関われる大きな喜びは、“一から作る”という貴重な体験ができることです。すでに決められたパターンに沿って開発を進めたり、大きなプロジェクトの一部分を担当するのではなく、最初から決められる、設計できるというのは技術者としてとても喜ばしいことだなと思います。システムの最初の段階から作れることは、仕事に対するモチベーションにもつながります。
さらに自分の仕事に対する高い意識を維持するために欠かせないのは、仲間の存在です。チームで動く自社開発の現場ですから、仲間とのコミュニケーションはとにかく大切。とことん議論して、ああでもないこうでもないと言いながらモノづくりに取り組める恵まれた環境で働いています。

今後の目標について教えて下さい。

エンジニアとして働く以上、何かひとつモノとしてこの世に残したい、残し続けたいという想いがあります。それを続けるためには、可能な限り開発という仕事に携わっていきたいなと思っています。学生時代に学んだ知識はプログラムを専門にというよりも、さまざまな工学分野を広く浅くといった感じでした。それが今の自分にとても役立っているんです。自分が作ったプログラムと、他人が作ったシステムを連携させなくてはいけない、ということはよくあります。その時に相手側の思惑や意図を知るためのきっかけとして、過去に学んだ知識が役立つこともあります。ですから、今後の目標のひとつは「日々勉強」です。貪欲にさまざまな知識や技術を知っておくことが大切なんだなぁ、と。学ぶことで自分の未来が開けてくる、そんな気がします。

就活生へのメッセージをお願いします。

就活すると、IT業界の情報って結構少ないんだなぁと思うかもしれません。その少ない情報をもとに勝手なイメージを膨らませてしまうことがあるかもしれません。でも実際に働いてみると、この業界は日々進歩していることを実感すると思います。まだまだ伸びしろがある業界であることに気づくと思います。今はまだできないことでも、ほんの少し先の未来ではできるかもしれない。そんな可能性を秘めているのがIT業界です。常に未来を感じる場所、って感じですかね。